読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

denshikobo’s blog

PICプログラミングやPCの操作で感じた日々の由無し事を綴ります

Oscilogiの連続計測試験に失敗した

(2016.09.07)
9月4日にOscilogiのknown bugが無くなり、反復計測機能の組み込みを終え、最終テストに臨みました。

データ・ロガー・モードで反復計測します。データが一杯になったら計測値をファイルに書き出し、再びロガー・モードで計測を続けると言う動作を延々と繰り返します。24時間以上連続計測出来れば、最終テストに合格!ということだったんですが・・・

凡そ1時間ほど経過したところでOsci_logi_Console(JAVAプログラム)がダウンしました。orz

一体何が起きたのでしょう?

計測プログラムのあちこちにデバッグ文を書き込んで、動作を追いかけました。

そして、読み取る計測データのサイズがi2c_readの最大サイズ(1024バイト)を超える場合があることが判りました。データ・ロガー・モードでは高々数10バイトだったので、受信データ・サイズのチェックを入れていませんでした。
(将来的にはbcmlib_for_javaの方でチェックする予定です)

取りあえず、受信データ・サイズを1024バイト以下にして、再度連続計測試験に臨んだのですが・・・

今度は計測コマンドの送信でI2Cエラーを起こして止まりました。orz

読み取る計測データのサイズ異常の原因は何か?
I2Cエラーの原因は何か?

さらに、詳細なデータを取るためにデバッグ文を追加して、テストに挑みます。

12時からテストを始めて、1時間経過しました。今の所、ログ・ファイルには異常は記録されていません。

さて、このあとどうなるのか?

ドキドキ

---------------------------------------------------------

追記(2016.09.07)

14時前に、データ受信でI2Cエラーを起こして止まりました。
I2Cエラーを起こしたときにI2Cをリスタートする機能を組み込んで試験を再開します。
ただ今の記録は1時間52分です。